野球少年N君の初見力

N君は高1、野球名門校の野球部の、立派な体格の坊主頭の男の子です。

(頭は自分で刈るんですって!)

最近、親しくしている先生のご都合で、私のレッスンを受けることになりました。

幼稚園の頃から音楽教室に通っているけれど、

練習はあまりしない子だったそうです。

 

さて、このN君、礼儀正しく、レッスン中は熱心で集中力があり、

とても良い生徒さんです。

「月光」の第1楽章に取り組んでいます。

練習は・・・してきません。

だけど、初見力があるのです。

初めての楽譜も、片手ずつなら結構弾けます。

指づかいも、そしてスラーやスタッカートも見ます!

元の先生に「初見で、指づかいも見てる。しっかり指導してきたのね」というと、

「口を酸っぱくして言ってきたから」とのこと。

う~ん、私ももっとがんばらないと。

 

楽譜を見て弾く力がついていると、

野球と勉強が忙しい高校生になっても、

こうやって週1回ピアノに向かうだけで名曲を弾くことができるんですね。

 

時々、前の週よりぐんと良くなっていることがあって、

「もしかして練習してきたりした?」と聞くと、

「いえ、してません」とさわやかに答えてくれます。

もちろん、小学生の頃は練習したはずです。

基礎の力をつけておくと、こうやって音楽を続けることができます(^^♪

 

でも、お母様は彼が「月光」を弾くのを1度も聴いていないんですよ(^^ゞ

ぜひ、聴かせてあげたいです!!

 

 

 

 

»«


お電話でのお問い合わせは コンテンツ

あずまピアノ教室|横浜市神奈川区三ツ沢下町ピアノ教室