大人のピアノの楽しみ方、なるほど!

去年、65歳で入会された男性Kさん。

「この曲は今日で終わり!次回は○○を持ってきます。」

と、大変自主的です。

最初は多少戸惑ったけど、だんだん分かってきました。

Kさんの、音楽への強い憧れ、ピアノを弾くことへの熱意。

「今日で終わり」といっても、レパートリーとして

弾き続けるのです。そういう曲を何曲か持っていて、

しばらくたってまたレッスンに持ってくる。

私は先生というより、音楽をするKさんのアドバイザー。

Kさんのご家族の反応が素敵で「CDみたいになってきた」と

言われるそうで、私まで嬉しくなります。

曲は前回がリストの「愛の夢」、今回がシューベルトのアンプロン

プチュOp.90-3。

今まで「この生徒さんは、この曲をこのくらいまでは弾けるように

して、次はあの曲」と、生徒さんの希望や状況を考慮しつつも、

私の方針でレッスンを進めてきました。

でも、音楽を楽しむには、いろんな回路があるのですね!

他の生徒さんたちも65歳になった時、

Kさんのように自分のスタイルでピアノを楽しむ人に

なって頂きたいものです。

 

 

 

 

 

 

»«


お電話でのお問い合わせは コンテンツ

あずまピアノ教室|横浜市神奈川区三ツ沢下町ピアノ教室